Column

妊婦整体 

安産と骨盤ケアとの関係性

こんにちは、こおりやま整体院の茅原です。

今回は、妊婦さんの骨盤ケアについてお話していきます。

当院では妊婦さんの安産ケア(骨盤ケア)を行っています。

骨盤ケアをすることによって腰痛や背中痛、股関節痛、などを軽減させるのはもちろんですが

もっと深い意味があります。あくまでも整体師としての立場で骨や靭帯、筋肉の観点からお話しさせていただこうと思います。

 

目次

骨盤ケアの重要性

骨盤には子宮の位置を安定させる役割がある

安産には骨盤の形が整っており、骨盤底筋、仙腸関節、恥骨結合部などの骨盤靭帯がしっかりとしていることが大事です。

骨盤の形が整っていると、骨盤底筋が子宮をしっかり支えることができるので、子宮が前置したり、後置したりといった子宮の歪みを防いでくれるので、子宮の中で過ごすの赤ちゃんの居心地の良さにつながります。

また骨盤がゆがんでいると出産の際には、産道を窮屈にし、頭が引っかかったりといった難産の原因になってしまったりします。

骨盤は子宮、卵巣、膀胱、直腸の器(うつわ)の役割と、
赤ちゃんのお部屋(子宮)をしっかりと支える役割 2つがあります。

骨盤が歪むと靭帯も歪みますから、子宮が傾いたり下垂したりしてしまいます。

妊娠後、月齢とともに子宮はどんどん大きくなり重くなります。靭帯がしっかり支えきれないと子宮が下がったり、傾いたりして赤ちゃんの居心地が悪くなるだけでなく、ママの膀胱や直腸を圧迫するのと尿もれや頻尿、痔や便秘の原因にもなります。

リラキシンホルモンの分泌による歪みやすい状況

普段の骨盤は、身体をしっかり支える要の役割を担いグラグラしないように
靭帯という補強用のひもで「しっかり固定」されています。

”妊娠するとリラキシンというホルモンが妊娠初期から分泌されます。
リラキシンはママのお腹の中で日々成長する胎児を支える目的で広がりやすくしてくれます。
そしていざ出産時には赤ちゃんの頭(直径約10cm程)がするりと産道を通過できるように、靭帯の補強をゆるめて骨盤を広げてくれます。
まさに出産には欠かすことのできないホルモンです。

ただし普段から骨盤が歪んでいる方にとっては、リラキシンがさらに骨盤を歪ませてしまい、
腰痛や股関節痛など日常生活を苦痛にさせるほどの影響を受けてしまったり、子宮頚管を圧迫し切迫早産の原因にもなります。

実際に当院には妊娠初期からの腰痛でいらっしゃる方もいますが、
6か月目~8か月目の方が圧倒的に「腰が抜けそうな感じがする」「下半身が重い」「脚の付け根が痛い」
などの不調でお越しになります。

腹部の圧迫による腰痛

妊娠による反り腰の姿勢は、お腹は腹筋が使えないため姿勢維持には腰、背中の負担が増えて腰の筋肉を酷使しします。また
骨場内が圧迫されていますので血液の循環不良、大きくて重たいお腹を支える負担自体が腰痛の原因になってしまいます。
痛くて 「眠れない」という方には「抱き枕を脚で挟む」姿勢を試してみてください。腹帯や妊婦用ベルトを使用になられるのも腰が楽になったりします。
その他不安な点は、ご自分で判断されずに、まずは主治医にご相談されてみてください。

四つん這いの体操法(キャットエクササイズ)

妊婦さんに限らず、腰痛、背中に痛みや違和感が出やすい方にオススメのエクササイズ方法です。

ポイント

①安全な場所で四つん這いになる

②ゆっくりとした動作を心がける

③反らす動作→丸める動作(5秒間で移動)

④気持ちのいい範囲で伸ばす。(痛みがあれば中止する)

⑤呼吸法(呼吸を止めない、息を吐きながらストレッチする)

まとめ

色々書きましたが、妊婦さんの身体はは胎児の成長とともに変化し、骨盤も変化し負担も増えていきます。ただ、「妊婦だから腰痛は仕方ない…」とあきらめないでください。毎日の生活がより快適に、痛み無くお過ごしいただけるように、産前産後ケアを通してサポートさせて頂いております。お気軽にご相談ください。

ママの元気、健康は家庭の幸せに直結致します。
妊娠期を元気で健康に送り元気な赤ちゃんをご出産できますことをお祈り申し上げます。

*当院では妊娠中のママの体調の安全を第一に施術をさせて頂いております。
 主治医から安静の指示が出ている方の施術はお受けできません。
 体調に不安のある方は主治医の先生にまずご相談ください。

SHAREシェアする

一覧

HOME> 症例コラム >安産と骨盤ケアとの関係性