症例別ページ

【3.婦人科系疾患関連の記事】  月経前症候群(PMS) 

月経前症候群、PMSでお悩みの方へ

当院は、自律神経を整えることでホルモンバランスを整えて、お身体の中に持っている、自然治癒力、自己回復力を引出す整体院です。

そんな自律神経専門、セラピストの視点から、

月経前症候群、PMS


について書かせて頂きます。

今、お悩みの方はぜひ最後までご覧ください。

 

目次

月経前症候群(PMS)とは?

月経のはじまる1週間ほど前から様々な不快な症状が起きます。月経が始まると症状が軽くなるか解消します。
月経前のさまざまな不調を月経前症候群(PMS)と言います。

人によって症状は違います。
腹痛、むくみ、腰痛などの身体的不調もあれば、イライラ、憂鬱、だるさなど、精神的不調もあります。

症状の出方は人それぞれで、ひどい方になると外出できなくなるなど、日常生活に影響を及ぼします。
月経前に急激に増加する黄体ホルモン(プロゲステロン)が関係しているのではないかと考えられています。感情をコントロールする神経伝達物質、セロトニンの減少、カルシウムやビタミンビー不足の関与も指摘されるなど、今のところ原因ははっきりしていません。

几帳面な人、完璧主義の人に症状が強く出やすいと言われ、その人の性格や環境などからくるストレスも大きな要因として考えられています。

自律神経失調症の症状とは?

自律神経失調症は「身体的な症状」と「精神的な症状」があります。

身体的な症状

下腹部痛 腹痛 
腰痛
肩こり
乳房の張り、痛み
むくみ
肌荒れ
便秘 下痢
眠気 
発熱 ほてり

精神的な症状

イライラする
気分が落ち込む
無気力
集中力の低下
過食

そもそも原因不明。それが自律神経失調症の特長です。

自律神経失調に悩む方の中には、病院の検査の結果「異常なし」と言われ不安が強くなる方がいます。
自分の体の不調の原因がわからない、どうすればいいの?

体は不調なのに「問題ない」と言われて、「気の持ち方のせい」と言われているよう…。

まるで自分がやる気がない、根性がない人と思われているんじゃないか?
そう感じてしまうのは当然のことだと思います。


でもそんな事はありません。

症状が出ているからには、必ず原因があり体調に異変をきたしているのです。

「病気」とは書いて字の如く、「気が病んでいる」状態です。
古来から、病肉、病骨、病体とは言いません。
処方箋(方位を正す指示書が本来の薬でした。)

「気」は目に見えません、数値で表せません。

そもそも検査結果に出ません、その目に見えない原因さえ取り除けば気が元気になり、体も元気になっていきます。

現代西洋医学では、原因不明と出てしまう現代病の代表格が、自律神経失調症なのです。

当院では、東洋医学的観点から身体を見ていきます。
目に見えない、気の調整も得意としています。

当院に来院される方は、どこに行っても治らず、病院での治療でもなかなか改善しなかった方ばかりです。

施術を受けられて回復された「お客様の声」です。
ご参考になさって下さい!

対処方法

症状が強い場合には薬を使うことがあります。鎮痛薬、浮腫には利尿剤、精神的な症状には精神安定剤などです。漢方薬で体調整えたり、低用量ピルでホルモン値を安定させたりすることもあります。

ストレスも大きな要因と考えられています。丁寧に説明をしてくれる病院にかかることも重要です。

当院のアプローチ方法

「こおりやま整体院」では、月経前症候群(PMS)について一定の結果を出し続けています。

ホルモンバランスをコントロールする、自律神経を整えることを大切にしています。

具体的には、「後頭骨」「背骨」「仙骨」といった骨の動きがを良くしていくと言うことです。

「NSTクラニアルテクニック」という頭蓋骨矯正特殊技術。カイロプラクティックの「マニュピレーション(CMT)」というテクニックを使用します。

頭蓋骨から首の骨動きが悪く、背中も硬く、骨盤も動きが悪い、なおかつ頭蓋骨全体のズレも見られることがしばしばあります。

(頭の骨の動きが悪かったり、背骨骨や骨盤のズレがあると体に悪いの?)と疑問に思われる方もいるかもしれません。

実は、脳脊髄液(CSF)の循環が停滞してしまうのです。

この脳脊髄液(CSF)とは、脳を守る液体で、脊髄を満たす髄液のことで、脳、脊髄、骨盤の間を循環しています。簡単に言ってしまえば、神経が正常に働くように環境を整えるための役割を果たしています。
ですが頭蓋骨の動きが悪かったり、背骨や骨盤にズレがあることで、この脳脊髄液(CSF)の循環が悪くなり、自律神経が乱れPMS症状が誘発または悪化してしまうのです。

月経前症候群(PMS)の症状、不調には脳脊髄液(CSF)の流れをみていきます

先述したように、自律神経が乱れるのは、脳脊髄液(CSS)の停滞)によるものです。
この停滞を促してあげるには、頭部の歪みを改善させ、背骨、骨盤の動きを正常化させる必要があります。

そのためには「NST クラニアルメソッド」「マニュピレーション(CMT)」という手技検査療法が必要です。
これは頭の骨に軽く触れる程度の施術なので、人によっては何をされているかわからないと言う方もいらっしゃいます。

脳脊髄液(CSF)の滞りを正常化させ循環を良くし、自律神経が整い、「自然治癒力」が発揮され体の様々な不調が解消されるようになります。

ただし、何年にもわたり積み重なった脳脊髄液(CSF)の滞りはやっと正常化させても元の状態に戻そうとする体の仕組みが働いてしまうため、段階を踏んで回数と期間をかけながら元に戻らない体にしていきます。

月経前症候群(PMS)にお悩みの方へメッセージ

月経前症候群(PMS)でお悩みの多くの方が、なかなかよくならず落胆してしまうこともあると思います。
また、身体の不調に対して周囲の理解もなかなか得られずに苦しんでいる方も多くいらっしゃいます。

でも、諦めてしまうのは早いです、諦める必要はありません。
月経前症候群は適切な施術さえ行えば、不調を解消することができるものです。

自律神経を整えることで今まで見えてこなかった体の不調を見つけ出すことができます。

病院の検査では現れないような、微細な異常やストレスが体に大きな影響を及ぼしていることがほとんどです。

当院に来院される方も、今までよくならずに苦しんでいたから、最初は「本当に良くなるの?」と疑問に思われる方もいますが、施術を受けることで症状が改善されています。

今まで見てこなかった、視点から見ることで、あなたのお悩みの解決に役立たせていただきたいと思います。

SHAREシェアする

一覧

HOME> ご覧になりたいぺージをお選びください >月経前症候群、PMSでお悩みの方へ