症例別ページ

当院の対応スタンスについてお伝えいたします。

当院は、病院や医療機関ではありません。

民間療法です。

病院や専門機関をしっかり受診されたうえで、色々試してなかなか良くならずにお困りの方でしたら、あくまでも整体としてできる範囲でになりますが、一つの光でも見出せればと考えています。

今までと違う視点から見ることによって、変化が現れるかもしれません。

やってみなければわからないですが、なかなか子宝に恵まれずにお困りでしたら一度お気軽にご相談ください。

自律神経の乱れを整えていく整体法です。

整体で、妊娠できるの?と思われるかもしれませんが、

自律神経(交感神経と副交感神経の)の乱れにより、ホルモンバランスが乱れ、不妊が起きている場合にはお役に立てるかもしれません。

 

目次

ホルモンバランスを整える

体液の循環

卵子と精子とが出会えばすぐに受精するとは限りません。
妊娠するためのプロセスで、受精、着床、妊娠、成長、出産のプロセス一つ一つがをクリアしていくことが必要です。
まさに神秘的なシステムです。
その為に必要なのが「ホルモン」「栄養素」「血液」の循環です。

女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあります。エストロゲンは受精卵が着床して育つベッドである子宮内膜の増殖などに、プロゲステロンは受精卵が子宮内膜に着床しやすい状態に導き、妊娠の継続などに関与しています。

エストロゲンとプロゲステロンの分泌量は増減していて28日前後のサイクル(性周期)を繰り返しています。

月経が始まると、卵巣の中では男法(卵子を包んでいる袋)成熟を開始し、自らエストロゲンの分泌を開始します。エストロゲンは、らせん動脈などの血管や子宮線がある機能層を肥厚、増殖させて子宮内膜を熱くし着床を促します。

増殖期の間、成熟を開始した卵胞は、一つだけが完全に成熟し、性周期の14日頃に卵胞の壁が破れ、卵子が排出されます(排卵)。そして、排卵後、卵胞は応対となり、プロゲステロンを分泌します。プロゲステロンは子宮内膜の子宮線を増加させて分泌液を増やし、それと同時に子宮内にある螺旋と動脈などの血液量を増加させます。血液量が増加すると、子宮内膜の血液循環が促進し、十分な栄養素を子宮内膜に循環させて子宮内膜をふわふわで熱くした状態を維持させるように作用します。

男子ホルモン(テストステロン)

男性ホルモンには、テストステロンがあり、精子の質に有用で、受精卵の着床力に大きく関係しています。

テストステロンは、代理日細胞と呼ばれる清掃の西西館の付近から分泌され、精子形成促進や男性機能の増進、精力増強、性欲更新などに関与しています。テストステロンの分泌量は、女性ホルモンのような波のほどはありませんが、夜眠っている間に分泌されて昼の活動で消費されていきます。

3つのホルモンの分泌向上のためには

エストロゲンとプロゲステロンの分泌を向上させるためには、良質な睡眠や栄養バランスが整った食生活、冷え対策などを心がけることです。
テストステロンの分泌を向上させるためには、亜鉛の摂取や睡眠時間の確保、筋力トレーニングなどを心がけることです。

そして、これら3つのホルモンの分泌向上に必要な共通の生活習慣は、自律神経を整えることです。

大切な事は自律神経を整えること

自律神経が乱れると、ホルモン分泌の司令塔である視床下部に影響を及ぼし、ホルモン系統に乱れが生じてしまいます。すると、卵子と精子の質や子宮内膜の状態が低下し受精卵が子宮内膜に着床にくくなってしまいます。

自律神経を乱す主な原因としては3つあります。
①過度なストレスです。過度なストレスを感じると言って自律神経を司る視床下部はストレッサ生命維持に関与する大問題と捉え、ホルモンの分泌が妨げられてしまいます。
②睡眠不足です。睡眠不足になると、脳が大生株が正常なホルモンのコントロールができなくなってしまいます。
③冷えです。ホルモンは血液循環の流れに乗って全身を巡るので、冷えによって血流が悪化するとホルモンの循環がうまくいきません。

自律神経を整えるためには、ストレスの発散や十分な睡眠の確保、冷えの解消などを心がけることが大切となります。

お客様の声

こおりやま整体院の利用を始めた
きっかけは主人でした。
主人は腰痛などに悩まされていましたが 
こおりやま整体院に通うようになってからは
調子はとても良さそうでした。
たった30分の施術で
そんなに良くなるものだろうか…
と少しうたがっていましたが、
肩こり、疲れやすい、猫背などに
悩まされていたので、
行ってみたところ、
びっくりするくらい、体が楽になったのです!

また、妊娠も考えていたので、
そのことを相談し施術してもらうと…
その1か月後に妊娠‼
またまたびっくりです!
産後も家族で通ってお世話になっています。
こどもの面倒をみてくれるスタッフさんがいるのは、
とても魅力だと思います‼
N.K 様 33才 女性 教員 白河市

*お客様個人の感想であり、効果効能を保障するものではありません。
*一度の施術ですべての問題が解消されるわけではありません。

まとめ

いかがでしたか?
当院オリジナルの、自律神経調整でホルモンバランスを整え、体液の循環を良くしていく方法が、お役に立てれば幸いです。

SHAREシェアする

一覧

HOME> ご覧になりたいぺージをお選びください >妊娠と自律神経の関わり