Column

産後整体 

産後のお身体のケアをお考えの方へ(はじめにお読みください)

こんにちは、こおりやま整体院の茅原です。

「産後体がガタガタで育児や家事がきつくて大変で…(>_<) こんなはずじゃなかった・・・」

多くのママが困っていてご質問をいただきます。

 

そこで今回は、産後のママがお悩みの体調不良の原因とは?そしてその解決方法ついてお話してみたいと思います。

 

当院の産後ケア、骨盤矯正は、筋肉と骨格をはじめとするカラダの歪みと

ホルモンバランスを調整して痛みや不調を解消することを目的に行ってます。

 

そして産後ママが気にする「お腹のたるみケア」も行っています。

 

気になる体型のリセットと、骨盤、腰、肩、首などのボディケアで健康になっていただく、ストレスなく育児生活に励めるお手伝いをすることを目的とした

「産後ケア専門の骨盤矯正コース」です。

 

妊娠~出産で変化してしまったカラダのケアをすることで

 

「より美しく!引き締まった骨盤に」

「履けなくなってしまったパンツがスルッとが履けるように」

「歪みや姿勢を直し、キレイで健康的な体へ」

「痛みや体調を解消し、快適な毎日へ」

を目指して施術います。

 

目次

妊娠中に重心のバランスが変化します

上のイラストは、妊娠中の特徴的な姿勢のイメージです。

お腹が大きくなる代償として背中が反ってしまい。後ろに傾いています。

①背中・腰の筋肉をメインに使う姿勢になり。背中側は常に休みなく体を支えたり、身体を動かす時に使ってっしまいます。

(それとは反対に)

お腹側は、腹筋(特に腹直筋・腹横筋)の筋力が弱くなってしまい、腹筋はほとんど使えていません。



背中・腰はいつも働いている ⇔ お腹はいつも休んでしまっている ということになります。



これが妊婦さんの特徴的な姿勢です。
妊娠中は背中側の筋肉に頼りすぎてお腹側の筋肉は使えていません。

妊娠中の 反り腰の姿勢、重心のバランス、の癖が抜けきれず、体型や体重が戻らないと嘆く方もいらっしゃいます。


産後の身体のホルモンバランスはとっても繊細な状態です

ホルモンバランスの乱れが落ち着くには

産後1ヶ月から長い人だと1年以上かかる場合もあります。

産後身体がだるい、体重が落ちない、体重が全く動かない、育児が思うようにはかどらない。

そこには①~③の原因があります。

①ホルモンバランスの乱れの影響 

②毎日の育児での前かがみの姿勢で疲労が蓄積している

③ホルモンの影響で靭帯が緩んでいる 



このような特徴があります。

①ホルモンバランスの乱れ

妊娠・出産でダメージを受けた体の修復のに欠かせないのが

「ホルモンバランスと自律神経の働き」です。


「成長ホルモン」が身体を修復していきます。

そして、成長ホルモンの働きを活発化させるには自律神経の働きがとても重要なのです。

妊娠・出産と大仕事を終えた身体は疲労とストレスによるダメージを受けている状態にあり、

身体はそれを修復しようとしています。

自律神経が乱れていると、身体を修復するためのホルモン分泌のバランスが乱れ、修復する働きが低下してしまいます。

身体は徐々に疲労が蓄積していき、痛みを出してきます。

ホルモンバランスの乱れは関節の痛みや違和感にも多大な影響を与え 

関節痛(ひざの痛み、かかとの痛み、手指の痛み、手首の痛みなど)を好発させます。

「痛い時は育児をお休みし、安静にして、体を休めてください。」

そういう訳にはいかず、無理をせざるおえません。

痛み止め薬も授乳中は使用できず、注射も打てない。我慢しながら育児をせざるおえない。

そしてまた辛い症状が悪化してしまう・・・。

悪循環を繰り返してしまうのが現状だったりします。

泣き泣き限界を超えて 育児に励んでいる方が多数だと思います。

②疲労とストレスの蓄積

赤ちゃんが生まれ生活が一変。普段の家事に加えて、昼夜関係のない赤ちゃんのお世話、(授乳、おむつ替え、沐浴、着替え・・・)
体は休む間もないのが現状。

初めての育児に不安や心配。「失敗してはいけない・・・」というストレスも追い打ちをかけ疲労感はMAX。

会陰の痛みや腰痛、股関節痛、骨盤がガクガク、脚に力が入らない、膝が痛い、手首が痛いなど身体はボロボロの状態になっています。

お昼寝時間しかできないことをやらなくちゃ・・・っと束の間の休憩すら取れなかったりしています。

③ホルモンの影響で靭帯が緩んでいる

妊娠初期から、リラキシンというホルモン分泌が始まり、恥骨結合、仙腸関節といった普段はしっかりカチッツと支えてくれている
骨盤の関節がゆるんで開きやすくなります。

ゆるみに伴いバランスをとるのが難しく骨盤痛を起こしやすくなります。

骨盤の底で支えている骨盤底筋もゆるくなって胎盤を頑張って支えるため、尾骨痛や恥骨痛、股関節痛なども引き起こします。



妊娠中はほぼ運動できずに筋力の低下。姿勢の崩れから、歪んだ姿勢を知らず知らずのうちに好むようになり筋膜の捻じれ、関節のズレが起こってしまいます。

O脚化したり、太ももの外側がたくましくなります。

妊娠中のホルモンの影響による姿勢の悪さを産後も引きずってしまい、

育児中の授乳姿勢や長時間の抱っこは脊柱の支えが失われ、お腹の引き締めが低下を招き「ぽっこりお腹」を作り出してしまいます。

産前の洋服やズボン、スカートがいつまでたっても入らない。という状況に困ってしまいます。


前側に落ち込み内臓を下に押し付ける姿勢のくせ

知らず知らずに この姿勢をとる方が楽になり、妊娠前とは全く違った体型の癖が完成してしまうと、自力でなかなか元に戻すのは至難の業です。

産後の骨盤矯正の重要性

産後の骨盤は開いています。

①骨盤の開きは、下支えが弱いため内臓が下に滑り落ちこんできます。

②「内臓の落ち込み」は下腹がポッコリとさせるだけでなく、ホルモン調節の働きに重要な子宮・卵巣を圧迫するので代謝機能が悪くなってしまいます。

③むくみ、手足の冷え、尿もれ、痔、太ももの張り、体重が全く落ちないといったトラブルの要因につながります。

④代謝機能が低下することによって太りやすくなったり、痩せにくくなったりします。

⑤見た目にも影響が出ます。骨盤の横幅が広くなり、妊娠前にはけていたいていたパンツやスカートが入らない、パツパツになってしまいます。

⑥おしりの大きさ、結果として太ももが太くなり下半身太りの悩みの原因にもなります。

⑦姿勢のくずれを招き重心のバランスがくずれ無理な姿勢になり、「腰痛、肩こり、首痛」などを引き起こします。

「骨盤矯正のメリット」

産後の骨盤矯正をすることにより

①出産後の骨盤の歪みを正し、開いた骨盤を締めると、上記のような内臓下垂が減る為代謝が上がります。
代謝が上がることで痩せやすくなる。
骨盤を締めることで、家事、育児の運動量が増えます。身体を動かすことが楽にできるからです。

②骨盤矯正は骨盤を締めることで体幹の安定性が強くなります。妊娠中の反り腰姿勢や踵偏重の重心バランスが整います。腰痛、猫背、肩こりもしにくくなり日常生活が楽になります。

妊娠前のパンツやスカートが履けるようになり、美意識も取り戻せることによりプラス思考の効果を得ることができます。

③骨盤を整えることは健康な状態を維持するうえで基礎となりますから、今後のホルモンバランスの変化や更年期を迎える時の体調面や、疲れにくさなどにも良い影響が有ります。

美容と健康は比例していきますので骨盤を正しくしていくことは特に女性の方には大切です。

④血液循環が良くなると母乳の出が良くなるので、おっぱいもスムーズに行えます。

いつ頃から始めればいいの?

出産時、骨盤は大きく開き、出産後は骨盤の周りの筋肉や靭帯が元に戻ろうとするので締まっていきますが筋力が弱かったり元々歪んでいる方はなかなか戻ろうとしてくれません。
骨盤の開きの回復は人によって個人差があります。産後2か月目くらいまではリラキシンホルモンの影響が残っているといわれています。
出産後は子宮から悪露(血液と分泌物が混ざったもの)が出てきますから、悪露が落ち着いた後 

普通分娩の方で1カ月後以降~

帝王切開の方で2カ月後以降~

を目安にお考え下さい。
ただし、すぐに戻さなきゃ!と慌てなくても大丈夫です。
産後6カ月目以降経過の方でも戻りますし、産後1年経過の方でも当院ではお受けしています。

産後は骨盤は元に戻ろうという作用がありますが筋肉や靭帯が弱いと戻そうとする力が発揮しにくいです。

しっかりメンテナンスすることで、産後の回復が早くすればそれだけ育児も家事もはかどり動けるようになりますから体重も落としやすくなります。

子育てできる体に戻すことが大切

出産後すぐに体重や体型が戻ることはありません。
戻らない・・・。と慌ててご相談に来る方がいらっしゃいます。
でも あわてないでください。とお伝えしています。生身の身体はそんなに急に産後の身体にモード切替できません。
子宮は元の大きさに戻るのに1・2か月かかります。
10か月かけて小さな命を育んできた体が、産後急にしぼむ、急激に体質が変化することは 健康上も良くありません。

多くのお母さんが、6か月~10か月経過で 水抜きしたかのように、スーッとむくみが取れて元の体型、お顔の表情に戻っていきます。
あわてずに健康的に回復を期待してください。


育児に励むママたちを応援しています!

最後に私からメッセージ。

当院では 妊婦さんの 産前ケアから、ママの産後ケア、育児中のトラブルケアを専門に行っております。

当院では多数のママがお越し頂いてますので、ほかのママを見ることによって、不安な気持ちも安らいだり、身体が楽になることによって育児、家事に前向きに
なれます。

気力は健康な身体から湧いてきます。気が病んでいては育児ができませんし、体が病んでいては気力は生まれません。

当院では産後のママの健康を全力でサポートさせて頂いております。

誰でもはじめは不安なものです。 

一人で悩まずどうぞお気軽にご相談下さい。スタッフ一同お待ちいたしております。

SHAREシェアする

一覧

HOME> 症例コラム >産後のお身体のケアをお考えの方へ(はじめにお読みください)