投稿ページ

【TOPICS】 

自律神経失調症

「自律神経失調症」に悩んでいる方のための記事です。


当院は①自律神経を整え②ホルモンバランスを整え③身体の気、血、水の流れを変えて、

体の中に備わっている、④自然治癒力を引出すのをお手伝いする整体院です。

唯一無二の調整を行っている私の観点から

自律神経失調症の原因、症状が改善したお客様の声、症状を克服する方法をお伝えしています。

 

まずお伝えしたいことは、

体の構造異常が原因になっていなければ病院の検査で異常は見つかりません。

X線、CT、MRI検査、血液検査、内臓の検査、心療内科のメンタルカウンセリングまで受けても異常なしと言われてしまいます。

 

最近ずっとやる気が出ない、倦怠感が続く、疲労感、体がだるい…

情緒不安定、急に不安感に襲われることがある、天気が悪い日は決まって体調が悪い、

職場、学校に行けず、ひきこもっている。

 

このような症状をお持ちの方へ、

自律神経失調症がなかなか良くならない理由を書いています。

今、お悩みの方はぜひ最後までご覧ください。

 

目次

自律神経失調症とは?

自律神経には、お昼に作用する(交感神経)、夜に作用する(副交感神経)があり、自分の意思とは独立して働いてくれます。
そのおかげで、昼はシャキッと動け、夜はリラックスし身体を休めることが出来ます。
ところがこの自動的に変わる機能が乱れると、身体的症状から精神的症状まで様々な影響を与えます。

病院の検査などで体に異常が見つからないのに、こりや痛みなどの身体的不調、不安感、焦りなどの精神的不調などが現れる状態になると、
自律神経失調症と診断を受けたりします。

子供の場合では不登校の原因にもなります。
大人の場合、職場に出勤できず休職の原因になります。

自律神経失調症の症状とは?

自律神経失調症は「身体的な症状」と「精神的な症状」があります。

身体的な症状

疲労感
倦怠感
喉の詰まり、違和感
呼吸が浅い、苦しい
動悸、息切れ、不整脈
頭痛
腹痛
職場、学校に行けない
めまい
肩コリ
腰痛
過敏性腸症候群

精神的な症状

憂鬱
イライラ
不安感
パニック発作
情緒不安定
焦燥感
孤独感
緊張感

そもそも原因不明。それが自律神経失調症の特長です。

自律神経失調に悩む方の中には、病院の検査の結果「異常なし」と言われ不安が強くなる方がいます。
自分の体の不調の原因がわからない、どうすればいいの?

体は不調なのに「問題ない」と言われて、「気の持ち方のせい」と言われているよう…。

まるで自分がやる気がない、根性がない人と思われているんじゃないか?
そう感じてしまうのは当然のことだと思います。


でもそんな事はありません。

症状が出ているからには、必ず原因があり体調に異変をきたしているのです。

「病気」とは書いて字の如く、「気が病んでいる」状態です。
古来から、病肉、病骨、病体とは言いません。
処方箋(方位を正す指示書が本来の薬でした。)

「気」は目に見えません、数値で表せません。

そもそも検査結果に出ません、その目に見えない原因さえ取り除けば気が元気になり、体も元気になっていきます。

現代西洋医学では、原因不明と出てしまう現代病の代表格が、自律神経失調症なのです。

当院では、東洋医学的観点から身体を見ていきます。東洋医学では 「気」「血」「水」の流れの滞るところに不調が現れるとみます。
目に見えない、気の調整も得意としています。

当院に来院される方は、どこに行っても治らず、病院での治療でもなかなか改善しなかった方ばかりです。

施術を受けられて回復された「お客様の声」です。
ご参考になさって下さい!

何ヶ所も東京の方までも治療に行っても治らなかったので、とても嬉しいです!!

O脚と自律神経の不調からの不眠・めまいで
スマホで調べ 通える距離だったのでお世話になりました。
昔から気になっていたO脚がここまで良くなりました!

今までは
何ヶ所も東京の方までも治療に行っても
治らなかったので、とても嬉しいです!!

原因不明のめまいや不眠まで治りました。
今は健康で楽しいです。
これからもお世話になります。

Y.S様  37才  会社員 会津坂下町

慢性的にあった頭痛やめまいの改善,生理痛の軽減など,他の不調まで改善され,正直おどろきました!!

お客様から、ご感想を書いていただきました。

以下本文です↓

以下本文の内容です↓

Q1:お受けになられる前のお悩みは何ですか?

腰・肩の痛みがひどく、体中がきしむように辛かった。




Q2:来院の決め手となったことは何ですか?

子連れOK。口コミの良さ。

Q3:お受けになられてどのように変化しましたか?

体の痛みはもちろん、慢性的にあった頭痛やめまいの改善,生理痛の軽減など,他の不調まで改善され,正直おどろきました!!体が辛い日や生理で寝込む
日がなくなり,子どもと思いきり遊べるようになり,本当に感謝しています!


k.R 様 30代 女性  会社員 田村市

※お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

※一度の施術で全て改善するわけではありません。
改善の期間や通院の回数はその方のお体の状態によって変わります。

自律神経失調の原因は「頭の骨、背骨、骨盤の歪み」の可能性があります。

医学的な自律神経失調症の治療は「ストレスの軽減方法」や「睡眠、食事、運動など生活習慣の見直しの指導。

安定剤やホルモン剤、自律神経失調症薬の処方をされます。
これらの処置で症状が緩和される思いますが、全く症状に変化が見られない方も多く存在するのです。

自律神経失調症は(これをすれば必ず治る)と言われるような明確な治療法は確立されていないのです。

その理由は、自律神経失調症は検査等では明確な異常がなく、その症状には個人差が多くあり、特定の治療で全ての人が改善するのは困難だからです。

「こおりやま整体院」では原因の特定が難しい「自律神経失調症」の改善について一定の結果を出し続けています。

原因不明とされる自律神経失調症の方々に共通する特徴を発見したのです。

それは「後頭骨」「背骨」「仙骨」といった骨の動きが明らかに悪いと言うことです。

当院では「気流整体法」というテクニックを使用します。

自律神経失調の方が、頭蓋骨から首の骨動きが悪く、背中も硬く、骨盤も動きが悪い、なおかつ頭蓋骨全体のズレも見られることがしばしばあります。

(頭の骨の動きが悪かったり、背骨骨や骨盤のズレがあると体に悪いの?)と疑問に思われる方もいるかもしれません。

実は、脳脊髄液(CSF)の循環が停滞してしまうのです。

この脳脊髄液(CSF)とは、脳を守る液体で、脊髄を満たす髄液のことで、脳、脊髄、骨盤の間を循環しています。簡単に言ってしまえば、神経が正常に働くように環境を整えるための役割を果たしています。
ですが頭蓋骨の動きが悪かったり、背骨や骨盤にズレがあることで、この脳脊髄液(CSF)の循環が悪くなり、自律神経失調症の症状が誘発または悪化してしまうのです。

自律神経失調症の症状、不調には脳脊髄液(CSF)や気の流れをみていきます

先述したように、自律神経が乱れるのは、脳脊髄液(CSF)や気の流れの停滞)によるものです。
この停滞を促してあげるには、頭部の歪みを改善させ、背骨、骨盤の動きを正常化させる必要があります。

そのためには「気流整体法」という気の流れ道の滞りを見つけ出し、流れを正常化することが必要となります。
これは頭の骨に軽く触れる程度の施術なので、人によっては何をされているかわからないと言う方もいらっしゃいます。「気流整体法」により、気の流れ、脳脊髄液(CSF)の滞りを正常化させ循環を良くし、自律神経が整い、「自然治癒力」が発揮され体の様々な不調が解消されるようになります。

自律神経失調症にお悩みの方へメッセージ

自律神経失調の多くの方が、病院では「異常なし」と言わせれてしまうことで治療法が無いのかと、落胆してしまうこともあると思います。
また、身体の不調に対して周囲の理解もなかなか得られずに苦しんでいる方も多くいらっしゃいます。

でも、諦めてしまうのは早いです、諦める必要はありません。
東洋医学の角度から見ることで今まで見えてこなかった体の不調を見つけ出すことができます。

病院の検査では現れないような、微細な異常が体に大きな影響を及ぼしていることが有ります。

当院に来院される方も、今までよくならずに苦しんでいたから、最初は「本当に良くなるの?」と疑問に思われる方もいますが、施術を受けることで症状が改善されています。

今まで見てこなかった視点から見ることで、あなたのお悩みの解決に役立たせていただきたいと思います。

SHAREシェアする

一覧

HOME> ご覧になりたいぺージをお選びください >自律神経失調症