症例別ページ

【3.婦人科系疾患関連の記事】  更年期障害 

更年期障害でお悩みの方へ

「更年期障害」に悩んでいる方のための記事です。


当院は自律神経を整えることでホルモンバランスを整え、自然治癒力を引出す整体院です。

多くの女性のお客様からのご相談で多いのが、更年期障害についてです。

更年期障害には、ホルモンバランス、自律神経の乱れが影響しています。

 

更年期障害の原因、症状が改善したお客様の声、症状を克服する方法をお伝えしています。

 

めまい、耳鳴り、難聴に悩まされている

やる気が出ない、倦怠感が続く、

からだがほてる、顔だけ汗をかく…

急に動悸がする、イライラしがち

情緒不安定、急に不安感に襲われることがある、

朝起きても眠い…

 

このような症状をお持ちの方へ、

更年期の症状がなかなか良くならない理由を書いています。

今、お悩みの方はぜひ最後までご覧いただき、お気軽にご相談ください。

 

 

目次

更年期障害とは?

不調の原因は女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量の低下にあります。

卵巣機能低下により、心身に多くの不調が起こります。日本人の平均閉経年齢50歳前後と言われています。閉経前後の10年間、45歳から55歳位の間に卵巣機能の衰えから女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が減少します。すると、脳下垂体(視床下部)という部分からもっとエストロゲンを分泌して!と性腺刺激ホルモンが分泌されます。
この性腺刺激ホルモンに対して卵巣の機能低下により十分なエストロゲン分泌できません。すると脳下垂体(視床下部)からは、性腺刺激ホルモンがさらに分泌され、その結果、ホルモンバランスが崩れてしまい、コントロールできず体や心の不調に陥ってしまうのが更年期障害です。

更年期障害のと環境の変化による自律神経の乱れ

更年期の症状の出方には個人差があります。先ほどのエストロゲンの分泌量の低下は誰にでも起こりますが、症状の現れ方にはその方の体質や性格、現在置かれている環境などによって大きく違ってきます。

更年期は、親子関係に変化(子供の自立、旅立ち)、親の介護を要したり、職場環境でのストレスなど、家庭でも職場でも様々な変化の時期と被ります。
人によって受け止め方や考え方が違うために個人個人によって違うのが実情です。

それでは、更年期障害での「身体的な症状」「精神的な症状」をそれぞれみていきます。

身体的な症状

肩こり、腰痛、関節痛、筋肉痛

しびれ、知覚過敏、知覚鈍麻、

頭痛、めまい、不眠、耳鳴り、

ほてり、のぼせ、発汗、冷え、動悸、息切れ、浮腫

食欲不振、腹部の膨満感、吐き気、便秘、下痢、

頻尿、残尿感、血尿、月経異常、成功痛、性欲低下、

全身倦怠感、皮膚の乾燥、腹痛

精神的な症状

憂鬱、イライラ、不安感、パニック発作、情緒不安定、焦燥感、孤独感、

更年期の治療

東洋医学が考える更年期障害の治療法
東洋医学の発想では、「(気) (血) (水)の流れ滞るところ」に不調が現れる。と考え、流れの改善、全身のバランスの調整を行います。更年期の主な症状は(血)が滞った(お血)の状態と考えられます。血流を良くすること。その方の体質や細かい症状に合わせ、施術を組み立てていきます。たとえ同じ症状であっても、体質、体格、体力などによって決まる。一人一人施術内容が違ってきます。いわゆる「オーダーメイドの治療」といえます。


このように当院では、東洋医学的観点から身体を見ていきます。
目に見えない、気の調整も得意としています。

当院に来院される方は、どこに行っても治らず、病院での治療でもなかなか改善しなかった方ばかりです。

施術を受けられて回復された「お客様の声」です。
ご参考になさって下さい!

慢性的にあった頭痛やめまいの改善,生理痛の軽減など,他の不調まで改善され,正直おどろきました!!

お客様から、ご感想を書いていただきました。

以下本文です↓

以下本文の内容です↓

40代から50代の時期をうまく乗り越えられました。50代女性

2010年から通院しています。
その頃は肩こり、首こり
それに伴う頭痛などに悩まされていました。

当初は痛みを取り除く治療をしていただいていましたが、
解消されてからも、
月1度のメンテナンスとして、ゆがみをとって
いただく整体をやっていただいてきました。
その結果 
40代後半から50代と
体調の変化する時期だったのにもかかわらず、
うまく乗り越えられたかなと思っています。
今は痛みを感じることはありません。
今後もいまのペースで続けていきたい
と思っています。よろしくお願いします。

Y.K 様 54才 旧市内





ホルモンバランスが乱れる原因は「頭の骨、背骨、骨盤の歪み」の可能性があります。

医学的な更年期障害の治療は「ストレスの軽減方法」や「睡眠、食事、運動など生活習慣の見直しの指導。

安定剤やホルモン剤、漢方薬、の処方をされます。
これらの処置で症状が緩和される思いますが、全く症状に変化が見られない方も多く存在するのです。

更年期障害は(これをすれば必ず治る)と言われるような明確な治療法は確立されていないのです。

その理由は、症状には個人差が多くあり、特定の治療で全ての人が改善するのは困難だからです。

「こおりやま整体院」では原因の特定が難しい「更年期障害」の改善について一定の結果を出し続けています。

骨盤矯正を得意とする当院だからこそ気づくことが出来た体の特徴、

それは「後頭骨」「背骨」「仙骨」といった骨の動きが明らかに悪いと言うことです。

当院では「NSTクラニアル療法」と言う頭蓋骨矯正特殊技術と「NST内臓調整」、大川カイロ時代に身に着けた「モーションパルペーション」という検査と治療テクニックを使用します。

更年期障害で苦しんでいる方が、頭蓋骨から首の骨動きが悪く、背中も硬く、骨盤も動きが悪い、なおかつ頭蓋骨全体のズレも見られることがしばしばあります。

(頭の骨の動きが悪かったり、背骨骨や骨盤のズレがあると体に悪いの?)と疑問に思われる方もいるかもしれません。

実は、脳脊髄液(CSF)の循環が停滞してしまうのです。

この脳脊髄液(CSF)とは、脳を守る液体で、脊髄を満たす髄液のことで、脳、脊髄、骨盤の間を循環しています。簡単に言ってしまえば、神経が正常に働くように環境を整えるための役割を果たしています。
ですが頭蓋骨の動きが悪かったり、背骨や骨盤にズレがあることで、この脳脊髄液(CSF)の循環が悪くなり、自律神経失調症の症状が誘発または悪化してしまうのです。

更年期障害の症状、不調は脳脊髄液(CSF)を整えることで改善します。

先述したように、ホルモンバランスが乱れるのは、脳脊髄液(CSS)の停滞)によるものです。
この停滞を促してあげるには、頭部の歪みを改善させ、背骨、骨盤の動きを正常化させる必要があります。

そのためには「NST クラニアルメソッド」「NST内臓調整法」、CMT(カイロプラクティックマニピュレーションセラピー)という手技療法が必要です。
これは頭の骨に軽く触れる程度の施術なので、人によっては何をされているかわからないと言う方もいらっしゃいます。

「NSTクラニアルメソッド」、CMT(カイロプラクティックマニピュレーションセラピー)により、脳脊髄液(CSF)の滞りを正常化させ循環を良くし、自律神経が整い、「自然治癒力」が発揮され体の様々な不調が解消されるようになります。

ただし、何年にもわたり積み重なった脳脊髄液(CSF)の滞りはやっと正常化させても元の状態に戻そうとする体の仕組みが働いてしまうため、段階を踏んで回数と期間をかけながら元に戻らない体にしていきます。

更年期障害にお悩みの方へメッセージ

当院は、女性のお客様の不調でご相談を数多く受けております。その分症例の件数も、対処法も数多く持ち合わせています。引き出しの数が多ければ多い程、対応できるケースも増えます。多くの方がなかなか良くならず、治療法が無いのかと、諦めたり、落胆しています。
また、身体の不調に対して周囲の理解もなかなか得られずに苦しんでいる方も多くいらっしゃいます。

でも、諦めてしまうのは早いです、諦める必要はありません。
自律神経朝は適切な施術さえ行えば、不調を解消することができるものです。


病院の検査では現れないような、微細な異常が体に大きな影響を及ぼしていることがほとんどです。

当院に来院される方も、今までよくならずに苦しんでいたから、最初は「本当に良くなるの?」と疑問に思われる方もいますが、施術を受けることで症状が改善されています。

今までとは違った視点から見ることで、あなたのお悩みの解決に役立たせていただきたいと思います。

SHAREシェアする

一覧

HOME> ご覧になりたいぺージをお選びください >更年期障害でお悩みの方へ