投稿ページ

「スポーツのケガからの復帰」

なかなか回復が見込めずに色々試しても良くならず焦っている方、「あとは手術」と言われて不安な方、そういう治りの悪い方向けに書いている記事です。

・治療を受けてもなかなか完治しない。

・運動すると、痛みがすぐに戻り出てしてしまう。

・負傷後、何をやっても良くならない。

このような、なかなか良くならずにお困りの方のためのセラピーです。

【当院の対応スタンス】

当院は、病院や医療機関ではありません。

民間療法です。

病院や専門機関をしっかり受診されたうえで、色々試してなかなか良くならずにお困りの方でしたら、あくまでも整体としてできる範囲でになりますが、一つの光でも見出せればと考えています。

今までと違う視点から見ることによって、変化が現れるかもしれません。

やってみなければわからないですが、今現在、「痛くて思いっきり運動できない」などでお困りでしたら一度お気軽にご相談ください。

整体で、良くなるの?と思われるかもしれませんが、

自律神経(交感神経と副交感神経の)の乱れから全身バランスの崩れによって、起きている場合にはお役に立てるかもしれません。

 

目次

このような症状でお悩みでしょうか?

・野球肩
・テニス肘(外側上顆炎)
・シンスプリント
・ジャンパーニー
・鵞足炎
・アキレス腱炎
・腰椎分離症
・グロインペイン症候群
・三角骨障害
・有痛性外脛骨
・足底筋膜炎
・モートン病
・シーバー病

野球肩

症状:肩の痛み(投球動作痛)全力投球できない。
関連症状:インピンジメント症候群、腱板損傷、上腕二頭腱炎、上腕骨骨端線障害(リトルリーグショルダー)
痛みの考察:肩、腕の使い過ぎ(オーバーユース)だがマッサージしても根本原因ではないので良くならない。
原因:手指、手首、ひじ、肩すべての関節のアライメントに問題あり。及び全身のバランスの崩れ

*投球フォームの見直しも必要

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

症状:肘関節周囲の痛み(主に肘の外側に痛み)
関連部位:超橈側手根伸筋、短橈側手根伸筋、総指伸筋ヒラメ筋、後脛骨筋、長趾伸筋の付着部位の骨膜の引き連れ。疲労骨折
痛みの考察:手指使い過ぎ(パソコン、スマホ、テニス)だがマッサージしても根本原因ではないので良くならない。レントゲンでは異常なし。
原因:手指、手首、ひじ、肩すべての関節のアライメントに問題あり。及び全身のバランスの崩れ

シンスプリント

症状:脛の内側の痛み(歩いたり、走ったり、ジャンプの時)
関連部位:ヒラメ筋、後脛骨筋、長趾伸筋の付着部位の骨膜の引き連れ。疲労骨折
痛みの考察:足の使い過ぎ(オーバーユース)だがマッサージしても根本原因ではないので良くならない。レントゲンでは異常なし。
原因:足根骨、ヒザ、股関節、骨盤の歪み、全身のバランスの崩れ

*ジャンパーニーに似ているので間違われやすい

ジャンパーニー

症状:膝の前側の痛み(歩いたり、走ったり、ジャンプの時)
好発部位:膝蓋靭帯の炎症、もしくは一部断裂
痛みの考察:足の使い過ぎだがマッサージしても根本原因ではないので良くならない。レントゲンでは異常なし。
原因:足根骨、ヒザ、股関節、骨盤の歪み、全身のバランスの崩れ

*シンスプリントに似ているので間違われやすい

鵞足炎

症状:膝の内側の痛み(歩いたり、走ったり、正座の時)
好発部位:膝の内側。縫工筋、薄筋、半腱様筋の脛の骨(脛骨)の付着部位
痛みの考察:足の使い過ぎだがマッサージしても根本原因ではないので良くならない。レントゲンでは異常なし。。
原因:足根骨、ヒザ、股関節、骨盤の歪み、全身のバランスの崩れ

アキレス腱炎

症状:アキレス腱の痛み、アキレス腱の周囲の痛み、アキレス腱下方にある滑液包の痛みなどがある
好発部位:ふくらはぎ痛、アキレス腱痛
痛みの考察:足の使い過ぎだがマッサージしても根本原因ではないので良くならない
原因:偏平足、脚のアーチが少ない、足根骨、ヒザ、股関節、骨盤の歪み、全身のバランスの崩れ

足底腱膜炎

症状:足の内側の骨の痛み、骨が突出している(靴で当たるだけで痛い)
好発部位:足根骨の舟状骨の突出部位(外脛骨)
痛みの考察:足の使い過ぎ、後脛骨筋の連続動作で負荷がかかり痛みが生じる。
原因:後脛骨筋の極度の収縮、ねん挫で足関節アライメントが崩れた。
   偏平足、脚のアーチが少ない、足根骨、ヒザ、股関節、骨盤の歪み、全身のバランスの崩れ

腰椎分離症

症状:腰痛(後屈動作が痛い)
原因:上半身を前屈、後屈良くすることによって負担がかかり棘突起が椎骨と分離してしまう
痛みの考察:背骨と骨盤の歪み、全身のバランスの崩れ。
(治療中は運動を休んで頂きます。こちらで指示した日に来ていただきます。)

グロインペイン症候群

症状:脚の付け根周辺(恥骨部、股関節前面、鼠径部)の痛み
原因:足の使い過ぎ(サッカー、陸上)もも上げなど股関節に付着する筋肉(腸腰筋、大腿直筋、内転筋)の炎症
痛みの考察:足根骨、ヒザ、股関節、骨盤の歪み、全身のバランスの崩れ。股関節の硬さはあまり関係ない。

三角骨障害

症状:足首下方痛(つま先立ちで痛い)
好発部位:足首下方(アキレス腱やかかと付近)
痛みの考察:足の使い過ぎ(バレエ、体操のつま先立ち)後脛骨筋の連続動作で負荷がかかり痛みが生じる。
原因:踵骨(かかとの骨)と脛骨の間に三角骨が挟まった状態
   偏平足、脚のアーチが少ない、足根骨、ヒザ、股関節、骨盤の歪み、全身のバランスの崩れ

有痛性外脛骨

症状:足の内側の骨の痛み、骨が突出している(靴で当たるだけで痛い)
好発部位:足根骨の舟状骨の突出部位(外脛骨)
痛みの考察:足の使い過ぎ、後脛骨筋の連続動作で負荷がかかり痛みが生じる。
原因:後脛骨筋の極度の収縮、ねん挫で足関節アライメントが崩れた。
   偏平足、脚のアーチが少ない、足根骨、ヒザ、股関節、骨盤の歪み、全身のバランスの崩れ

モートン病

症状:足指の付け根に出る痛み、しびれ、足裏の違和感。
好発部位:足指の中指と薬指の間に痛み。
痛みの考察:足指間の神経が腫れて、深横中足人体により圧迫を受けて痛みが出る。
原因:偏平足、脚のアーチが少ない、足根骨、ヒザ、股関節、骨盤の歪み、全身のバランスの崩れ

シーバー病

症状:足のかかとに出る痛み(走る、ジャンプのどの時)
好発部位:足のかかと
痛みの考察:運動し過ぎ、成長時の痛み、足指間の神経が腫れて、深横中足人体により圧迫を受けて痛みが出る。
そもそもの原因:足根骨、足首、ヒザ、股関節、骨盤のバランスが悪い、歪んでいる、全身のバランスの崩れ

まとめ

いかがでしたか?
スポーツ障害の主な症状をご案内させて頂きました。
あえて詳細は書いていませんが、今まで試してきた方法(安静、アイシング、テーピング、マッサージ、電気療法、湿布など)や専門機関を3箇所以上回っても良くならずにお困りでしたら、違う視点から見ていく当院の方法がお役に立てるかもしれません。

「もっと早く来ればよかった・・・。」となりませんようにお気軽にご相談ください。

SHAREシェアする

一覧

HOME> ご覧になりたいぺージをお選びください >スポーツ障害